お葬式での供養品の相場やどのようなものを贈るのかについて

粗供養品とは、お葬式で参列者からいただいた供養品や香典への返礼として全員に贈る品物のことです。白、黒、黄色いずれかの水引が用いられたのし紙をつけるのがマナーとされており、不祝儀であるので結び切りが使われるのが原則です。弔事における贈答品のため、粗供養品にはいわゆる消えものを選ぶのが基本とされており、海苔とお茶のセット、コーヒーなどの嗜好品、洗剤などの日用品などがオーソドックスなパターンとされています。

粗供養品の基本相場としては、香典返しの相場がおおよそ1万円から3万円程度だとするとだいたい3,000円から5,000円が妥当とされており、極端に高価なものは経済的にも負担になりますし、相手にもかえって失礼にあたると言われています。お葬式で粗供養品を渡すタイミングとしては参列者が受付をすませた直後か、すべてが終わった後にチケットと交換するかのいずれかとなります。受付で渡す場合は比較的安価な粗供養品を、チケット交換の場合はやや高価な品物を選ぶのが慣習と言われています。

粗供養品は元来、お葬式に参列してくださった方々に対し故人に代わって感謝の気持ちを伝えるものでもありますので、形式にとらわれることなく、真心を込めて選ぶようにしましょう。