お葬式の供養品で無難な物は?おすすめを御紹介!

お葬式の祖供養品は本来、参列者に対して感謝の気持ちを伝えるためのものです。お葬式そのものがある意味で形式化しつつある現代においては、祖供養品を渡す意味も変わってきており、参列者に対してこれからも懇意にしてください、という気持ちを込めた贈答品のようなニュアンスになりつつあります。

一般的にオーソドックスな供養品としてはタオルや洗剤などの日用品が挙げられ、普段から使う機会の多い消耗品が結局のところ無難であり、喜ばれる確率も高いと言えます。日用品についで喜ばれる供養品としてはコーヒーなどの嗜好品があります。自分ではなかなか買う機会がないけれど、もらったらうれしいというレベルのアイテムを祖供養品として贈答することで気持ちも伝わり、決して邪魔にはならない供養品ということで幅広い年代から喜ばれるでしょう。

反対に、お葬式の祖供養品としてタブーとされるのはまず極端に派手なもので、日用品であっても香りの強いフレグランスや香水などは基本的にふさわしくないと言われています。また、植物は決してタブーではありませんが、バラなどのとげのある植物についてはやはり不吉さをイメージさせるということで避けたほうが良いとされています。