お葬式参列者への謝意を示す粗供養品

粗供養品は遺族がお葬式に出席してくださった参列者に渡す品で、タオルなどが一般的です。洗剤の小袋や近年ではインスタントコーヒーや粉茶など、手軽に渡すことができるものが多くなっています。葬儀当日に渡す場合は葬儀場で手渡しすることが多く、かさ張ることがなく、また重量から考えても重たすぎないものを用意することが定番です。持ち帰る際に嵩張ることが考えられる粗供養品の場合は、受付で引き渡しの券などを渡し、帰り際に品物と引き換えるという場合もあります。この場合、香典返しの意味合いも含まれていることが多くなります。

一方で四十九日など法要で渡す場合は帰り際に渡すことが多く、こちらは保管スペースが確保されていることが多いため多少嵩張るものであっても問題ないとされています。当日出席できなかった方がいた場合にあ、後日輸送することもあるなど、謝意がしっかりと伝わるよう、準備が必要です。

あくまでもお葬式や法要に来てくださった方への謝意を示すためのものが粗供養品であるため、相場などを確認した上できちんと準備したいものです。葬儀会社の中には粗供養品に関しての相談に乗ってくれるところもあるため、不安な場合は相談してみるのも良いでしょう。